歴史の重みを感じられる栃木県の観光スポット

足尾銅山で公害問題を学びながら自然の美しさを眺める

歴史を愛する方々にぴったりな栃木県の観光スポットとして、おすすめされているのが足尾銅山です。 学校の歴史の教科書にも書かれている通り、明治時代を支えてきた足尾銅山は公害問題が発生した過去があります。 その歴史についても学べる博物館として、多くの方々が栃木県の足尾銅山まで足を運んでいます。 700メートルもある坑道を、トロッコ電車に乗りながら移動できるというだけで、子供たちでも楽しめる観光スポットとしておすすめです。 明治から昭和にかけて、段々と機械化されてきた足尾銅山の内部を見ているだけでも、歴史の流れをたっぷりと感じさせてもらえます。 人形が銅山での作業を再現していたりと、見た目で分かりやすく歴史を学べる場所として評価が高いです。

日光東照宮は年中通いやすいです

世界遺産である日光東照宮は、栃木県の中でも最も有名な観光スポットと評価されており、絶対に足を運んでおくべき場所として挙げられています。 日光東照宮は歴史の長さを感じられるだけでなく、定期的に祭典行事が開かれているために、年中訪れやすい観光スポットとしても有名です。 1月には歳旦祭などの祭りもありますし、2月には節分祭や紀元祭や祈年祭など、三つの行事が開かれていたりと、シーズンを選ばずに行事に参加させてもらえます。 流鏑馬や千人行列など、見ているだけでも迫力を楽しめる祭典行事は日本人だけでなく、外国人からも人気が高いです。 混雑しやすいシーズンもありますから、祭典行事がある日には早いうちに日光東照宮まで足を運んでおく事をおすすめします。